更年期障害」タグアーカイブ

この汗、ほてり、だるさは、熱中症? 更年期障害?

当クリニックでは女性外来も行っており、女性特有の疾病や更年期障害など、心と体の悩みのご相談を承っております。

酷暑が続くこのごろでは、「ほてりや発汗、イライラ、だるさ、不眠などの症状があるけれど、暑さのせいなのか、更年期の症状なのか、よくわからないんです」と話される方もいます。

熱中症のしくみや症状の特徴、ケアのポイント、更年期障害との違いなどについて、正木院長が取材を受けた記事が、『ウートピ』というというポータルサイトを基幹に、エキサイトニュース、マイナビウーマン、ヤフービューティなどのニュースサイトに同時配信されました。

この汗、ほてり、だるさは 熱中症? 更年期障害?【臨床内科専門医に聞く】

正木初美院長は、こう話します。

『熱中症』は、高温多湿な環境で体温の上昇と調整機能のバランスが崩れ、どんどんと体に熱が溜まることで生じる症状の総称です。

全身の疲労感、体がだるい、食欲不振など、暑さや湿度の高さが続くことで起こる体の変調が『夏バテ』です。

一方で『更年期』の場合は、年齢による女性ホルモンのバランスの乱れによって起こる不調です。特に夏場は、屋外と冷房の効いた室内の温度差が大きく、自律神経のバランスがより乱れやすくなります。多汗やホットフラッシュに加えて、倦怠感や食欲不振、睡眠不足などの夏バテの症状も加わり、さらにつらい思いをすることもあります。

普段と様子や症状が違うように感じたとき、よりつらく感じるときは、かかりつけ医や内科、婦人科を受診し、相談しましょう

ぜひ、記事をご参考になさってください!

正木院長が、取材を受けました。
イライラ、ほてり……プレ更年期障害のサイン、どうすればいい?

当クリニックでは更年期外来を行っています。ここ数年、更年期ではないのに、急なほてり、めまい、不眠、疲れやすい、イライラするなど、更年期障害のような症状に見舞われて、『もしかしてプレ更年期障害!?』と心配する方が増えています。

「それは体からのどのようなサインなのでしょうか? 対策法は?」といった質問に対して、正木初美院長が取材を受けた記事が、ポータルサイトの『マイナビウーマン』(運営:マイナビ)を基幹に、ライブドア、アメーバ、エキサイト、ヤフー系など大型のニュースサイトに同時に配信されました!

臨床内科専門医に聞く。イライラ、ほてり……
プレ更年期障害のサイン、どうすればいい?

正木院長は、「更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するために起こりますが、若い女性が更年期に似た症状に悩まされている場合の多くは、ストレスなどで自律神経のバランスが乱れているからだと考えられます」と答え、「30歳前後の女性がプレ更年期と間違いやすい症状」を挙げるとともに、不調の原因や改善法についてお伝えしています。

ぜひご一読ください!

大量に汗をかくのは病気のサイン!?
汗の疑問を解決(2)

5月15日金曜に、「サラサラとベタベタな汗の違いとは?」
という投稿をしたところ、好評の声をいただきました。

「前回お話しした通り、汗をかくことは体調を整えるうえで重要なことですが、『顔から吹き出す汗が止まらない』、『突然汗っかきになった』、『寝汗を大量にかく』などの症状が現れる場合は、何らかの病気が関係していることがあります」と正木初美院長。

20150525_ase

それぞれのケースで考えられる病気について、正木院長に解説してもらいました。

事例1 顔から吹き出す汗が止まらない (45歳/女性)

「40歳~60歳の女性の場合は、更年期障害の症状の一つかもしれません。女性ホルモンには、自律神経のバランスを調節する作用がありますが、更年期には女性ホルモンの量が減少して自律神経のバランスが崩れるため、汗をかきやすくなります。

さらに、血管の収縮と拡張のコントロールも難しくなります。

そのため、発汗とともに顔のほてりやのぼせを伴う『ホットフラッシュ』が起こりやすくなります。これは、更年期障害の代表的な症状です。顔や頭部、上半身を中心に突然ドッと汗が出て不快感を伴うのが特徴です」(正木院長)

さらに正木院長は、
「汗のかき方ひとつとっても、いつもと違う、違和感がある、普通ではない……と思えば何かしら体調に異変があると考える必要があります」とアドバイスをします。

次回は、男性の寝汗についてご紹介する予定です。

更年期障害のウソホント

前回(9月16日)は「更年期障害だと思っていたら、別の病気だった事例」を、前々回(9月12日)は「更年期障害の症状」について、お話ししました。

本日は「更年期障害のウソホント」と題して、患者さまからよく受ける質問の事例を、正木初美院長からご紹介します。

更年期障害のウソホント

Q. 子宮筋腫(きんしゅ)で子宮を全部摘出したので、更年期障害の心配はないのですよね!?

A. ウソ 更年期には、卵巣の働きが衰えて女性ホルモン『エストロゲン』が急激に減少し、体内のホルモンバランスが崩れます。更年期障害とは、この変化に体がついていけず、さまざまな不調が現れる状態を言います。

ですから、子宮を全部摘出していたとしても、卵巣が一つ残っていれば、更年期の症状は起こります。

Q. 生理が早くはじまったので、更年期障害の症状も早く出る!?

A. ウソ 初潮から閉経までの年数は個人差があるので、必ずしも、月経開始年代や期間が関係するとは限りません。更年期障害がはじまる年代について、よく質問されますが、体形や遺伝的要因も関係ありません。

更年期障害を起こす要因は3つあります。

①身体的要因……エストロゲンの低下
②心理的要因……本人の気質。完璧主義、生真面目、ストレスに弱いなど
③環境的要因……子供の受験や子離れ、嫁姑の葛藤、親の介護、さまざまな人間関係など

これらが複雑に絡み合って、早くはじまったり、症状が強く現れることが多いです。

Q. 最近、特に原因はないけれど、精神状態が不安定になったり、不眠になります。でも、のぼせや発汗はないので更年期障害とは関係ない!?

A. ウソ 症状には個人差があります。のぼせや発汗を訴えられる方は多いですが、『のぼせないけれど、ふらつきや不眠、気分の落ち込みなどがある』と言う方もいらっしゃいます。

ご本人を取り巻く環境はさまざまです。外的要因と体の中で起こる変化があいまって、人それぞれ違った症状が現れます」

最後に、正木院長はこうアドバイスします。

「『いつもと違う症状が続くなぁ』と、不快感を覚える、気になるときは医療機関にご相談ください。

閉経をはさんだ前後10年間の更年期は、セカンドライフの通過点であり、女性にとってさまざまな体の変化を感じる時期です。

その後に続く30余年の長い時間をどう過ごすか。

『更年期との上手な付き合い方が、その後の人生を作る』。これは年齢を重ねて輝きを増している女性たちの言葉です」

更年期と深いかかわりを持つ女性ホルモン。その働きを正しく知って、うまく更年期障害の症状と付き合うよう意識したいものです。

更年期だから仕方がないと思わずに!

前回9月12日金曜の投稿に引き続き、「更年期障害」のお話しです。

更年期障害だと思っていたら、別の病気だった3つのケース」を、正木初美院長からご紹介します。

1. 汗がよく出る。動悸もするようになり、「少し早い更年期かなぁ」と思ってそのままにしていた。だんだん体重も減ってしんどくなったので、来院。(45歳/女性)

「血液検査の結果、バセドウ氏病(甲状腺機能亢進症)でした。これは甲状腺(こうじょうせん)ホルモンという体温調整や消化器官をコントロールするホルモンの異常によって起こる病気です。

症状がよく似ていることから、見過ごされて知らず知らずのうちに進行するケースがあります。

大きな違いは、バセドウ氏病の場合は、常にテンションが高く落ち着かない『そう状態』が顕著ですが、更年期障害では、気力ややる気が起きず気分がふさぎこむ『うつ状態』になりやすいことです」(正木院長)

2. 顔がほてって赤く、体の節々が痛い。年齢から、「これが更年期障害か……」と思ってそのままにしていた。微熱や関節の痛みが続くので来院。(48歳/女性)

「血液検査の結果、膠原病(こうげんびょう)でした。膠原病とは、ある一つの病気を言うのではなく、全身のさまざまな臓器に炎症を起こす病気の総称です。

自分の免疫が自分を攻撃してしまうことで起こります。例えば、膠原病の一つ、悪性関節リウマチは、主に関節が攻撃されて関節炎を起こします。皮膚筋炎は皮膚と筋肉が攻撃され、皮膚に湿疹が出たり、筋肉に力が入らない状態になります。

攻撃される臓器によって病気が異なりますが、共通する症状として、発熱、倦怠感などの全身症状が現れます」(正木院長)

3.めまいやふらつきがあり耳鼻科に行ったが、特に問題はなかった。同時に視力が落ちて老眼鏡を買ったがすっきり見えない。肩こりや頭痛もするし、症状がだんだんひどくなるので、「更年期のお薬を飲んだ方がいいのかも?」と思い、来院。(50歳/女性)

「CT検査で、脳腫瘍(のうしゅよう)が原因だと判明しました。腫瘍が視神経を圧迫し、視力障害が起きていました。

視力障害以外に、更年期障害の症状に類似するのは、頭痛やめまいです。

このような症状が長く続く、だんだんひどくなるようなときは医療機関を受診した方が良いでしょう」(正木院長)

「気になる症状がある場合は、『更年期障害だろうから仕方がない。我慢するしかない』と思わず、医療機関にご相談ください」

と、正木院長は話します。

次回は、患者さまからよく質問される事柄から、「更年期障害のウソホント」について、正木院長がお答えします。

「更年期障害」は誰にでも起こる正常な反応

当クリニックでは、「更年期外来」を行っております。患者さまや問い合わせが多い症状の一つです。

「更年期障害」は誰にでも起こる正常な反応

正木初美院長は次のように説明します。

「更年期障害は、加齢に伴って卵巣の働きが衰え、女性ホルモン『エストロゲン』の急激な減少に体がついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態を言います。

当クリニックで、訴えが多いのは次の症状です。

・ホットフラッシュ
・肩こり
・腰痛
・冷え
・検査しても異常がないのに疲れやすい
・もの忘れ
・イライラする。怒りっぽくなった
・頭痛
・不眠
・集中力がない
・めまい
・動悸、息ぎれ
・特に原因がないのに不安がある。何もする気が起こらない
・高血圧
・高脂血症
・関節痛
・皮膚が乾燥する。かゆい
・胃の症状
・耳鳴り
・うつ状態

最も多い『ホットフラッシュ』とは、急に顔がほてる、のぼせる、汗が止まらないといった症状です。

症状には個人差が大きく、問題なく日常生活を送れる方、不快感が強い方、寝込むほど重症な方までさまざまです。

更年期は全ての女性に訪れます。また、それに伴う症状は、誰にでも起こりうる正常な反応です。ただ、誰もが同じような症状になるわけではありません。

更年期障害とはどういう状態なのかを正しく知ることが、更年期とうまく付き合うためのヒントとなるでしょう」

■更年期障害と自律神経失調症の違い

患者さまの中には、
「更年期ではないのに、疲れやすい、イライラする、不眠、めまいなど更年期障害のような症状が続くんです」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。正木院長はこう説明を続けます。

「自律神経失調症と更年期障害の症状は似ている、あるいは共通していることがあります。

40歳代前半の方が『プレ更年期では?』、30歳代、中には20歳代の方が『更年期が早く来た』と勘違いして受診されるケースが増えています。

自律神経失調症は更年期の女性に限らず、ほかの世代の女性、また男性にも起こります。

ただし、更年期障害と自律神経失調症では、原因や治療法が異なります。

40歳代前半までの女性や男性の多くは、不規則な睡眠や食生活の乱れが原因です」

次回は、「更年期障害だと思っていたら、別の病気だった事例」をご紹介します。