日別アーカイブ: 2020年3月15日

春先の乾燥とかゆみケア

日中は暖かく、春めいてきました。季節の変わり目で、「肌が乾燥して、トラブルが目立ってきた」と話される患者さまが多くいらっしゃいます。春先の肌トラブルについて、正木初美院長に聞いてみました。

「春になり気温は上昇しますが、空気は乾いていて、湿度は冬と変わらず低い状態が4月半ばまで続きます。

さらに、本格的な春の到来までは暖房を使用することが多いので、屋内外を問わずに、肌は乾燥しやすくなります。肌が乾燥したまま手入れを怠ると、カサつきやかゆみ、ゴワつき、くすみなどをまねきます。

肌の乾燥をケアする方法は、『保湿』、『紫外線対策』、『生活習慣の見直し』です。

洗顔は、朝晩の1日2回、洗顔料をたっぷりと泡立てて優しく洗い、肌に残らないようすみずみまで洗い流してから、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。また、洗顔後は必ず、基礎化粧品で保湿ケアを行いましょう。男性にも実践してほしいことです。

また、春先は太陽の光が暖かく感じるため、つい紫外線に無防備になりがりではないでしょうか。紫外線は一年中降り注いでいて、春はその量が増大します。肌や目の老化や脳疲労の原因になります。太陽のもとでは、日焼け止めや紫外線カット機能がある帽子、日傘、メガネなどで肌を守りましょう

さらに、質の高い睡眠や栄養バランスの整った食事で内面から肌の状態を整えるようにします」

春先は、乾燥や紫外線対策を油断しがちということです。日々のケアを行っていきましょう。