「冷え対策のウソホント」の記事が人気です!

今週は西日本や東日本の市街地でも紅葉の色づきが進むような冷え込みとなりそう」とのニュースを耳にしました。

冷えに悩む患者さんは多く、正木初美院長はこう話します。

体の冷えは、頭痛や腹痛、腰痛、肩こり、むくみ、不眠、肌あれ、便秘、疲れやすい、風邪を引きやすいなど、さまざまな不調をまねきます。

患者さんの生活習慣をお聞きしますと、靴下の重ねばきや熱いお風呂に入るなど、逆効果の冷えケアをなさっていることも多いように思います。

私はよく、『3つの首=足首、手首、首を温めましょう』とお話しします。特に外出時は、レッグウォーマー、手袋、マフラーで、これらを冷やさないようにしましょう

そして、昨年、正木院長が取材を受けて、女性向きポータルサイトの『ウートピ 』を基幹に、『アメーバ』、『ライブドア』、『エキサイト』など複数のニュースサイトに同時に配信された次の記事が、10月ごろから再浮上し、同サイトの人気記事にランクインを続けています。

靴下を履いて寝るのはNG! 臨床内科専門医に聞く、冷え対策のウソホント

https://wotopi.jp/archives/50180

ぜひ参考になさってください!

11月7日は「立冬」。冬の食事を意識しましょう

11月7日は、二十四節気の「立冬(りっとう)」でした。暦の上では冬の始まりを意味するとのことですが、朝晩の冷えこみや各地の山の冠雪のニュースなどから、実際に冬の気配を感じるこの頃です。

正木初美院長は、「風邪予防や健康キープの観点から、そろそろ、冬の旬の食材、献立を意識して食べるようにしましょう」と話します。

食品メーカー・ヤマキ株式会社は、11月7日を「鍋の日」としたそうですが、正木院長は、こうお話を続けます。

寒い日には、鍋料理は欠かせないメニューの一つです。肉類、魚介類、豆腐や油揚げなどの大豆製品、旬の野菜やきのこ類を一度に食べられるので、栄養的にも調理の手間としても冬に重宝します。

特に、食物繊維やビタミンCが豊富な白菜、強い抗酸化作用を持つアリシンをもつネギ、胃腸の働きを改善するジアスターゼを含む大根、ビタミンCやβカロチンが豊富な春菊など、栄養満点な冬野菜がたくさんあります。


私もお鍋は、寒い日によくいただきます。豚鍋が好きです。まずはシンプルに豚肉に白菜などの野菜や豆腐などを入れてポン酢でいただきます。そのあと、キムチやもやしや家に残っているものをいろいろ入れて、ちゃんこ鍋のようにします。しめに中華そばを入れます。

美味しいだしが出て、いろいろな味を楽しむことができます。体も温まるし栄養のバランスもとても良いので、お勧めです

本格的な冬の訪れの前に、鍋料理などで冬の食養生を始めたいものです。

30代だけど、めまいやイライラがつらい…もしかして「プレ更年期」?

当クリニックでは、正木初美院長による「女性外来」の診察を行っております。

そこで先日、女性の記者の方に、「私、『プレ更年期』では? と、めまいや疲労感、イライラ、ひどい頭痛や肩こりといった不調を訴える女性が多いのですが、医学的にはどうなのでしょうか」と尋ねられ、正木院長がお答えしました。

結論から申し上げて、ずばり、「それは勘違いです。原因は更年期障害ではなく、別にあります」と正木院長。

その内容が記事となり、30歳前後の女性を対象にした生活情報サイトの『ウートピ』(ウーマントピックスの略だそうです)に配信されました。

詳しくは、ぜひ記事をご覧ください!

めまいやイライラがつらい…もしかしてプレ更年期?【臨床内科専門医が教える】

お手軽アロマバスで心身をリラックス

秋本番になって朝晩と昼の寒暖差が大きく、心身ともに不調を訴える方が増えています。正木初美院長は、「湯船にゆっくりと浸かって、リラックスしてください」と言い、こう続けます。

38~40度くらいのぬるめのお湯に浸かって、体を内部から温めましょう。リラックスもできるので、休息時に優位になる自律神経の『副交感神経』が働いて快眠へと導きます。血流もアップするので、疲労の回復にもなります。

バスタイムでよりリラックスするために、香りを利用する方法もあります

そこで、「メディカルアロマセラピー」を行う当クリニックの看護師でメディカルセラピストでもある土屋理恵から、「リラックスできるアロマバスの活用法」をご紹介します。

使用するアロマオイル(精油)について、土屋はこう話します。

落ち着いた香りが特徴の『ラベンダー』や、フルーティなハーブの香りを持つ『カモミール』は、イライラや不安な気持ちを鎮めて落ち着かせ、リラックスに導きます。

これらの精油を湯船に5滴ほど垂らして、よくかき混ぜてからお湯に浸かってください。湯気と一緒に香りが広がり、お手軽にアロマバスタイムを楽しむことができます

ぜひお試しください!

朝起きられない、めまい、冷え、肩こりは低血圧だから?

正木初美院長が取材を受けた記事が、生活情報ポータルサイト『ウートピ』を基幹に、ライブドア、エキサイトなど、複数のウエブニュースサイトに配信されました!

朝起きられない、めまい、冷え、肩こりは低血圧だから?【臨床内科専門医が教える】

正木院長は、こう話します。
取材では、低血圧の症状、低血圧とは何か、低血圧のセフルケアなどについてお話ししました。

『高血圧は動脈硬化を促進し、脳卒中や心疾患、慢性腎臓病などの重大な病気につながる』といった情報を目にする機会もあり、気にかけられる患者さんは多いのですが、低血圧を相談される患者さんは多いとは言えません。

ですが、低血圧は血液の循環が悪化するので、全身にさまざまな不調が現れ、生活の質を大きく低下させます。

まずは日々の血圧を測り、体の状態に耳を傾ける習慣をつけるようにしましょう

ぜひ記事を参考になさってください!

10月15日は「世界手洗いの日」

適切な手洗いを世界に広めるため、国際衛生年の2008年に、ユニセフをはじめ13の組織から成る「せっけんを使った手洗いのための官民パートナーシップ」によって、毎年10月15日が「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められました。

手洗いについて、正木初美院長はこう話します。

『世界では、せっけんを使った手洗いを実行すれば年間で100万人の子どもの命が救える』と言われます。衛生環境が良い日本でも、病気を防ぐためにだれもがすぐにできる方法が手洗いです。

風邪やインフルエンザ、花粉症などの予防に、『手洗いをしましょう』とよく言われますが、家の中や外には、目に見えない菌がたくさん付着しています。菌が付着した手を介して鼻や口、目から体内に入ります。

ですから、せっけんと流水で手を丁寧に洗い流すことが菌の感染を予防する基本の行動で、重要なことになります。また、不意に風邪やインフルエンザにかかることがあると思いますが、そうしたときに、手を洗っていたかを自問自答なさってみてください。

特に、指先やおや指、指の間、手首などは洗い残しが多い部位なので、意識的に洗うようにしましょう。

医師は、手を洗うときは、必ずせっけんを使って爪と指の間を忘れずに、両手を手首まで洗います。時には2度洗います

日本ユニセフ協会の特設サイトでは、「正しい手洗い」を楽しいリズムにのって覚えられる「世界手洗いダンス」も紹介されています。

https://handwashing.jp

ひょっとして“秋バテ”? 急激な季節の変化にアナタの身体がSOS! 心不全やがんの引き金に

本ブログでもご紹介した通り、919日に放送された、関西の夕方の情報番組『キャスト』(朝日放送。月曜〜金曜 16:5419:00)に、正木初美院長がVTR出演しました。

「秋バテ」のメカニズム、対策法、秋バテ対策にお勧めの食材などについてお話ししています。

今回の放送について、正木院長はこう話します。

ご覧くださった皆さま、ありがとうございました。

患者さまから、

『秋バテについて初めて知ったので、勉強になりました』、

『最近調子悪かったのは、今思えば、秋バテだったんだと思います。これから気をつけます』、

『テレビをつけたら先生が映っていたので、嬉しかったです』

など、お声がけをいただきました。

この秋は、朝晩と日中との気温差が大きく、猛暑や台風など災害の疲労がどっと現れて体調管理が難しい時期です。皆さま、どうかお大事になさってください

朝日放送の方からご連絡があり、今回の放送の内容がヤフーのウェブ記事にて掲載されました。正木院長のコメントや写真等が掲載されています。

【ABCコンテンツ】ひょっとして“秋バテ”? 急激な季節の変化にアナタの身体がSOS! 心不全やがんの引き金に

よろしければご一読ください!

正木初美院長が10月2日火曜夜 バラエティ番組『やすとも・友近のキメツケ!』に出演!

台風が近づいています。皆さま、どうかお気をつけください。

関西テレビのバラエティ番組『やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です』(毎週火曜 20:00~20:59、関西ローカル)に、正木院長がVTR出演いたします!

10月2日火曜午後8時~、関西テレビにて関西エリアでの放送です。

正木院長は、こう話します。

『秋バテ』についてお話ししました。暑かった夏が過ぎて秋になり、頭痛やめまい、肩こりなどの症状を訴えられる方が増えています。

放送は短い時間と思いますが、少し緊張しました。やすとも・友近さんの番組でどんな風に放送されるのか、少し楽しみでもあり少し恥ずかしいような気持ちです

ぜひご覧ください!

https://www.ktv.jp/kimetsuke/

正木初美院長が明日9月19日水曜、 朝日放送テレビの情報番組『キャスト』に出演!

正木院長が、関西の夕方の情報番組『キャスト』(朝日放送。月曜〜金曜 16:54〜19:00)から取材を受けました。

明日9月19日水曜18時台後半頃に、同番組の『調べちゃウォーカー!』というコーナーに登場、放送される予定です。

テーマは、「秋バテ」についてです。

アナウンサーの塚本麻里衣さんが当クリニックまでお越しになり、取材してくださいました。

正木院長は、

緊張しましたが、どのような内容になるか楽しみです。お時間があればご覧いただけたらうれしいです」と申しております。

ぜひご覧ください!

http://webnews.asahi.co.jp/cast/

恒例の正木クリニック懇親ツアー 、15回目は京都へ!

当院では、毎年夏ごろに、「季節を感じるツアー」という名前で、患者さまとの懇親ツアーを行っております。

「今年はいつ?」、「どこに行くの?」と、毎年、楽しみにしてくださってる患者さまもいらっしゃり、正木初美院長を中心に、旅行会社の方やスタッフで、「患者さまに喜んでいただけるには、どんな内容がいいか」と話し合いを重ねてプランを練っております。早いもので、今年で、15年目を迎えました。

そして今年は、「京都国立近代美術館」で『横山大観展』の鑑賞と、「がんこ高瀬川二条苑」にて懐石料理をいただくツアーとなりました。

当日はお天気にも恵まれ、患者さま25名、スタッフ6名で、日帰り旅行に行ってまいりました。写真はツアーの様子です。

まずは、京都国立近代美術館にて横山大観展を鑑賞しました。

あまり絵画に詳しくないというスタッフも、

「実際に作品を目にすると、美しさに感動しました。日本文化の素晴らしさを感じました」

と、口々に話していました。

次に、「がんこ高瀬川二条苑」に移動して、昼食をいただきました。

院長の乾杯の挨拶で会食がスタートすると、間もなく、舞妓さんの登場です。

舞を披露してくださったり、各テーブルを回ってお話ししてくださったり、とても華やかな会食の時間を過ごすことができました。

横山大観展の鑑賞、懐石料理、舞妓さんとの触れ合いと、京都で日本文化を堪能し、大阪に戻ってまいりました。

ご参加くださった皆さまの

「ほんと楽しかったわぁ」、「お料理もおいしかった」、「舞妓さん、かわいかった」、「舞妓さんと話しをする機会は無いので、いろいろ話ができてとても楽しかった」「毎年この旅行が楽しみです」

などの感想や、楽しんでくださる笑顔から、私たちスタッフ一同も元気をいただきました。

そして、正木院長はこう申しております。

「患者さまとお話していると、『高齢になり、足腰も弱り、旅行に行きたくても思うように歩けないし、誰も連れてくれないし、もう旅行は諦めている』とおっしゃる方が多いことに驚きました。寂しそうになさっている方もいらっしゃいました。

『それなら一緒に行きましょう! 私も看護師も一緒です!』と、皆さまをお誘いしたことからこのツアーは始まっています。

そして、このツアーを企画してから早くも15年が過ぎます。例年、参加してくださる患者さまの楽しそうな笑顔を見ると、続けてきて本当に良かったと思います

今年も楽しい一日となり、正木クリニックのこの夏の素敵な思い出として残すことができました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!