正木院長が取材を受けた記事がウエブ上に配信されました!

ストレスで便秘になる理由は自律神経にあり! 臨床内科専門医が教える

https://kore-karada.jp/201802153436/

『これカラダ!』という、ロート製薬がスポンサーの健康情報サイトに掲載されています。

食べた物の消化活動を支配しているのは自律神経です。腸のぜん動運動が活発になるのは、リラックスしているときに働く副交感神経が優位のときです。

イライラや憂うつ感が強いときなどストレスフルなときは、便秘になりやすくなります」

と正木初美院長。

記事では、ストレスと便秘の関係、自分でできるケア法などについてお伝えしています。

ぜひ参考になさってください!

寒いと起こりやすい「冷えむくみ」

夕方や夜、また同じ姿勢を続けたときに、むくみを感じる人は多くいらっしゃいます。同時に、冬の間もむくみを訴えられる患者さまが増えます。そこで正木初美院長に、「冬のむくみ」の特徴について聞いてみました。

むくみとは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し、細胞の外側に溜まる状態を言います。

冬は寒さで運動不足になりやすく、血液の流れが悪化するために『冷えむくみ』を起こしやすくなります。『冷えむくみ』とは、病名ではなく、症状のイメージです。

むくみの予防とケアには、毎日お風呂にゆっくりと浸かって足を軽くマッサージましょう。強く押さずに、つま先から膝(ひざ)に向けて手の指や手のひらでそっとさするといいでしょう。体が温まっていることもあり、血流を促すことができるでしょう

また、以前、正木院長が、「むくみの原因やセルフケア法」について取材を受けて、『これカラダ!』という、ロート製薬がスポンサーの健康情報サイトに掲載された記事をご紹介しておきます。合わせて参考になさってください。

臨床内科専門医が教える。むくみがつらいときの原因と対処法

アロマで風邪ケアとリラックス

看護師の土屋によるメディカルアロマを定期的にご紹介しております。今の時期、患者様からのリクエストで最も多いのは「風邪の対策になりそうなアロマを教えて」というものです。今回も、土屋からお伝えします。

乾燥が激しいこの季節、アロマを利用しながら身の回りの湿度を少しでもアップすることは風邪の予防と相性がいいと考えられます。

中でも、風邪予防には、殺菌作用や抗ウイルス作用のある『レモン』、『ティートリー』、『ラベンダー』が、痰・咳・鼻づまり・鼻水などの風邪の初期症状には『ユーカリ(ただし、喘息の方は禁)』が、よく使われます。

お部屋でアロマディフューザーなどを使用して芳香浴をするのが、最も身近な方法です。殺菌作用や抗ウイルス作用のある精油を使うと、お部屋の空気が浄化されて感染予防になりますし、風邪の大敵は免疫力の低下なので、お部屋で好きな香りで芳香浴を楽しんでリラックスすることで、免疫力アップにもつながります。

また、鼻づまりや軽い咳の改善には、蒸気吸入法という方法もあります。マグカップや洗面器などに熱いお湯を入れ、そこに精油を1~3滴ほど垂らし、上がってくる蒸気をゆっくり呼吸しながら吸います。火傷には気をつけてください

正木院長は

寝室で芳香浴をしたり、お風呂でアロマバスをして、風邪予防に努めています。

アロマオイルの他は、ハーブティーも良いですよ。よく飲むのは、カモミールティーやペパーミントティーです。カモミールには抗炎症作用、ペパーミントは殺菌作用があり、風邪の症状に働きかけます。温かいハーブティーを飲むと、体も温まりますし、とてもリラックスできますよ」と話します。

よろしければお試しください。

インフルエンザの患者数が 過去最多の前週を上回っています

昨日、立春を迎え、暦の上では春になりましたが、寒い日が続き、インフルエンザが猛威をふるうニュースが連日取り上げられています。正木初美院長は、こう注意を促します。

「2月2日更新の国立感染症研究所の2018年第4週 レポート(2018年1月22日~28日)では、『1月22日からの1週間に報告された1医療機関あたりの患者数が52.35人となって、統計を取り始めた1999年以来、最多だった前の週を上回った』と、発表されました。

また、ウイルスのタイプでは、例年より早くB型が流行し、4割を超えています。各種の報道では全国的に『猛威』と表現されています。インフルエンザのウイルスは、低温、低湿度を好みます。皆様、どうか予防を心がけられてください」

下記は、2016年1月に正木院長が取材を受けて、『マイナビ学生の窓口』に配信された記事ですが、インフルエンザのタイプごとの違いや症状、インフルエンザの予防方法についてお話ししています。

こちらも参考になさってください!

臨床内科専門医に聞く。今季のインフルエンザの特徴ってどんなもの? 予防法は?

正木初美院長が取材を受けた記事がヒット中です!

臨床内科専門医が風邪対策に実践している方法8つ【医師監修】

https://wotopi.jp/archives/67220

女性向き生活情報のポータルサイト『ウートピ』(ウーマントピックスの略)を基幹に、エキサイトニュース、マイナビウーマン、ヤフービューティなどのニュースサイトに同時に配信されました!

人気のスマートフォン向けニュースアプリ『SmartNews』(スマートニュース)の「ヘルスケア」カテゴリで掲載されたこともあり、ぐんぐんアクセスを伸ばしているそうです。

酷寒と言われる日々が続くこのごろ、当クリニックでも風邪やインフルエンザの患者さまが増えています。

風邪やインフルエンザのウイルスがまん延し、特に人の多いところでは感染の危険性も高くなりますが、外出しないわけにはいきません。

どちらも日ごろの健康管理や工夫で、感染や重症化を防ぐことができます。かかってから治療するのではなく、できるだけ予防をしましょう。

記者の方には、私やスタッフが実践している方法をお話ししました」と正木院長。

ぜひご参考になさってください。

2017年のfacebookリーチ数 ランキング6〜10位!

1月10日に投稿しました「2017年のfacebookリーチ数 ベスト5」が好評でしたので、続編で、6位~10位もご紹介します!

6位 2017年1月20日

■腸内環境を整える善玉菌のパワー

https://ja-jp.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/905204189614855

※酒やみそ、しょうゆなどの発酵食品に豊富に含まれる善玉菌の健康パワーについてご紹介しました。

7位 2017年7月5日

■正木初美院長が取材を受けた記事が「毎日新聞」に掲載されました!

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/photos/a.370972946371318.1073741828.360058340796112/1016978611770745/?type=3&theater

※「待ちに待った夏 厳しい夏の暑さを乗り切るために」というテーマで取材を受けました。

8位 2017年3月20日

◼︎正木初美院長が取材を受けた記事が配信されました!

https://ja-jp.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/943745825760691

「ホルモンの乱れ? ダイエット? 臨床内科専門医に聞く、月経不順の原因とは」というタイトルで、ロート製薬がスポンサーの健康情報サイト『これカラダ! 心と身体をイキイキさせるwebマガジン』に掲載されました。

9位 2017年9月10日

■正木院長の夏のお出かけ記

https://ja-jp.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/1058431777625428

院長のお盆期間中の熱海旅行記を写真とともにご紹介しました。

10位 2017年2月20日

■手作りのみそが食べごろです

https://ja-jp.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/926193990849208

院長手作りのみそについてご紹介しました。

以上が、アクセス数が6〜10位の投稿でした。いつもお読みいただき、またリンク先へアクセスしていただき、正木院長はじめスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

正木初美院長が取材受けた記事が 『これカラダ!』に配信されました!

「悪玉が多いとどうなる?

臨床内科専門医に聞く、コレステロールの謎」

コレステロールについて厚生労働省は、これまで「卵は1日1個まで」といった摂取制限に関する提唱を、2015年4月改訂の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において撤廃しています。

そのころから、コレステロールは何がどう悪いのか、卵は1日にどれだけ食べてもいいのかなど、患者様からのご質問が多い分野でもあります。また、「中性脂肪とはどう違うの?」といったこともよく聞かれます。

記事では、それらについて正木院長が答えています。『これカラダ!』という、ロート製薬がスポンサーの健康情報サイトに掲載されました。

この機会に、ぜひ参考になさってください。

https://kore-karada.jp/201801153127/

1月20日は「大寒」

1月20日は、二十四節気の「大寒(だいかん)」です。1年で最も寒さが厳しくなるころで、「寒仕込み」という、寒気を利用する寒天や酒、味噌、凍り豆腐などを仕込むのに最もよい時期とされています。

昨年の「大寒」の日には、酒や味噌などの発酵食品に含まれる善玉菌の健康パワーについてご紹介しました。

http://masaki-clinic.net/wp/2017/01/20/

今年は、厳寒期に作られて、当クリニックのスタッフが「胃腸や食べすぎ予防にいいかもと思う食材」として凝っているという「寒天」について、正木初美院長に聞いてみました。

寒天は、テングサやオゴノリなどの紅藻類の粘液質を凍結、乾燥したものです。寒天の約80%は食物繊維で、水分を吸収して、膨らんで固まります。温度の変化に強くて、一度ゲル状に固まった寒天は、口の中で溶けることはなく、噛(か)みごたえもあります。なにより、かなり低カロリーだというメリットがあります。

料理用や和菓子やゼリーなどのスイーツ用として、医療や介護の現場でも注目されています。肥満やメタボリック・シンドローム、糖尿病などの予防には食べ過ぎをひかえることが重要ですが、ごはんに寒天を入れて炊く、寒天でできたスイーツを食べる、サラダに糸寒天を添えて食べごたえをアップする、空腹感を抑えるなどの工夫が手軽にできる食材です。

また、多くの成分が食物繊維ということもあり、便秘がちな方も試してみるとよいでしょう。

患者さんに勧めると、継続しやすい食材であること、期待以上においしいなどで歓迎されることが多いです。

食事の前に寒天ゼリーなどを食べておくと、空腹のむしを抑えることができて食べ過ぎないので、私も愛用しています

寒天は、おいしくて噛みごたえや食べごたえがあり、低カロリーで生活習慣病や便秘が気になる場合に取り入れたい食材だということです。寒天で作るおかずやスイーツのレシピは、ネット上でもたくさんの情報があるようです。

2017年のfacebookリーチ数 ランキングベスト5!

いつも当ブログ、また、正木クリニックFacebookページをご覧くださり、ありがとうございます。

今日は、昨年1年間でもっともFacebookページの投稿記事への「リーチ数」が多かったベスト5をご紹介いたします。

1位 2017年8月28日

■正木初美院長が、明日8月29日火曜朝8時~
テレビ朝日『羽鳥慎一 モーニングショー』に
スタジオから生出演します!

※ダントツの1位でしたが、残念ながらこの予定は当日の北朝鮮ミサイルの事件の勃発にて正木院長の出演予定は中止になりました。

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/1051431271658812

2位 2017年1月10日

■第28回 正木クリニック勉強会のご報告

※2016年11月に開催しましたた患者さま対象のイベント「発酵食品と腸内環境」のレポートです。

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/898946790240595

3位 2017年2月5日

■せきが止まらないときはどこの科に行くのが正解?

※正木院長が取材された記事が、『マイナビ 学生の窓口』という大学生向きのポータルサイトに掲載されました。大学生が「せき」に不安を抱いていることが顕著になりました。

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/915850708550203

4位 2017年2月15日

■冷え対策のウソホント

※正木院長が取材された記事が、『ウートピ』という女性向きのポータルサイトに掲載されました。「冷え」のケアというテーマは、女性たちからのアクセスを集めるようです。

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/922129981255609

5位 2017年7月15日

■毎年恒例 正木クリニック懇親ツアー

※当クリニック主催、14年目となる患者さまとの懇親ツアーのレポートです。「なにわ探検クルーズと美食巡り」でございました。

https://www.facebook.com/masaki.clinic.osaka/posts/1025232064278733

以上です。こうして振り返りますと、正木院長によるメディア出演関連とクリニックのイベントレポートへのアクセスが高いことが分かりました。

正木院長はこう申しております。

今年も、患者様、読者の皆様にとって少しでも有益となると思われる情報を発信してまいります。いつもご閲覧をありがとうございます。スタッフ一同、励みになっております

今後ともよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

皆様には健やかに新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

正木クリニックでは、本年も正木初美院長はじめ、看護師らスタッフ一同が良質な医療をご提供し、また、昨年本格的にオープンしました公式ウェブサイトをはじめ、このブログやFacebookにて、皆さまのお役に立てる健康情報を発信するよう努めてまいります。

正木院長より、ご挨拶申し上げます。

明けましておめでとうございます。 皆様、よいお正月をお迎えのことと存じます。

新しい年を皆様と共に、迎えることができましたことを本当に嬉しく思います。

これからも皆様が健康で笑顔でいられますように、職員一同頑張っていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

本年もよろしくお願い申し上げます。